裁量労働制を事務職に適用できますか?

表題のご質問を受けることがあります。

↓↓まず、裁量労働制については以下の記事をお読みください。
裁量労働制とは何ですか?

結論から言うと、一般的な事務職は裁量労働制
の対象にはなりません。

裁量労働制は以下の二つがあります。

1.裁量労働制には専門業務型裁量労働制
2.企画型裁量労働制

1.の企画業務型裁量労働制は「企画、立案、調査、分析の業務」
が対象となっています。

一般的な事務職は、これらの業務には当たりませんので、
そもそも、対象にはなりません。

実は、この企画業務型の裁量労働制は
導入している会社は極めて少ないです。

導入のハードルがあまりに高いからです。

2.の専門業務型裁量制は、法律で業務が限定されています。

一般的な事務職はその中に入っておりませんので
専門業務型裁量労働制の対象にもなりません。

なお、専門業務型裁量労働制は労使協定を締結して
労働基準監督署に届出が必要です。

どちらにも該当しないので裁量労働制の対象にはならないのです!

いったん、法律の話を抜きに考えてみて下さい!

前述のように、一般的な事務職には裁量労働制の導入は法律上できません。

しかし、仮に、法律上、事務職に裁量労働制を
導入することが可能だったとしても、
(あくまでも、仮の話です。)

一般的な事務職に裁量労働制を導入するのは
デメリットの方が大きいと思います。

裁量労働制の対象者になると1日何時間働いたとしても
労使協定で定められた時間働いたものとみなされます。

しかし、それは、以下のことが条件(前提)になっているのです。

『対象業務を遂行する手段、及び時間配分の決定に関し、
業務に従事する労働者に具体的な指示をしないこと』

つまり、裁量労働制の対象者になるということは
会社が時間配分等に対して具体的な指示をできなくなるということです!

考えてみて下さい!

事務職の社員に、時間配分等に関し指示ができなくなる・・

それは、会社にとって非常に困りませんか?

例えば、今やっている業務よりも
この仕事を優先して(先に)やってほしい!

そういうことが日常的に生じませんか?

もちろん、会社にもよるでしょうが、

事務職の業務には指示をすることが
多くの場合、必要な場合が出てくるはずです。

裁量労働制は文字通りご本人の裁量に任せる制度です。

ですから、時間配分等に関して具体的な指示を
しないことが前提(条件)なのです。

ちなみに。IT企業で働いているシステムエンジニアは
専門業務型裁量労働制の対象になりますが、

・具体的な指示ができなくなるのは困る
・何時までは必ず会社にいてくれないと困る

等々の理由から裁量労働制を導入しないで
労働時間をきっちりとカウントして
賃金を支払っている会社もあります。

法律上の制度を導入する際にお考えいただきたいこと

「事務職に裁量労働制を導入したい」
と思ったからには理由があるはずです。

しかし、お話をうかがうと
他の制度できちんと目的を果たせることが多いです。

自社の抱えた課題・目的を達成する手段
としてどのような制度が適切か?

そういう観点からお考えいただき制度を
導入することが必要です。

そのためには、まず、法律で設けられた様々な制度
を知ることが必要です。

知らない制度の事は検討のしようがないからです。

そして、そのうえで、各制度のメリット・デメリットを
理解することが必要です。

メリット・デメリットは実際に導入した経験がないと
わからないでしょうから、

事例を豊富に持っている専門家に聞くのが1番だと思います。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
事務職にも「みなし残業」を導入できますか?

労務問題(労使のトラブル)を複雑化させない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナー

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑化させている多くの企業が共通の間違いをおかしています。労務問題は起きてから対処するよりも、そもそも生じさせないことが1番です。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を生じさせないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、また似たような問題が出てきます

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを生じさせないために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を生じさせている企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題を生じさせないようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題を生じさせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。

追伸

メールセミナーは、1年近く募集をしておりましたが、1年を通じての募集はしないことに決定いたしました。内容を変えてお送りすることはあるかもしれませんが、今の内容のメールセミナーは2018年2月から募集を停止しています。停止する理由についてですが、「無料でお伝えする内容ではない」というご意見をお客様から頂いたからです。次回の募集は、未定となっております。どうか、ご了承ください。

追伸2

メールセミナーの募集を停止してから、非常に多くの方から「早く、メールセミナーの再募集をお願いします」というご要望をいただきます。しかし、いったんお約束したことを破るわけにはいきません。次の募集は4月以降になります。もし、現在、残業代、賃金、会社の秩序維持等の具体的な切迫した課題をお持ちでしたら、具体的な解決策を無料で提案する就業規則コンサルティング(無料)を行っておりますので、そちらをご利用下さい。労務問題解決のための就業規則コンサルティング(無料)のお申込はこちら

どうか、ご理解のほどよろしくお願いいたします


メールセミナー詳細ページ

コメント

コメントは停止中です。