退職の申出の撤回はできますか?

退職時のトラブルはとても多い箇所です。

従業員の方から退職の申出があった場合の扱いに
ついてはどうしてらっしゃるでしょうか?

もちろん、退職届は提出して
いただいていますよね?
これは、必須です。

そして、会社が退職届を受理したにもかかわらず、
その後「退職の撤回をしたい」
と言ってきた場合についてです。

もちろん、会社がそれを受け入れることは
問題ありません。

しかし、会社がそれを受け入れることが
できない場合もでてきますよね。

「退職日前なので撤回はできるはず」
「わかったとは、まだ言われていない」
と従業員に言われトラブルになることがあります。

たった1、2行で済む話です。

そのような場合の扱いについても
就業規則に記載しておいた方が良いでしょう。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
退職時のトラブルを避けるために1番大切なこと~退職届をもらうことに尽きます
解雇と辞職と退職勧奨等の違いを端的に言えますか?~就業規則への記載

労務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナー

申し訳ございません。現在、募集を停止しております。

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナー詳細ページ

コメント

コメントは停止中です。