販売業の残業代削減 ~法律上の特例をご存知ですか?

残業問題については業種によって効果的な業種
とそうでもない業種があります

残業削減が特に有効な業種にもかかわらず
意外と知られていない業種としては・・

物の販売(いわゆるショップなど)
や賃貸を行っている業種で
10人未満の事業場です。

物には動産のみならず不動産も含まれます。

この業種に関しては労働基準法に
特例があり残業代削減が可能です。

特例の存在を知っていて有効に活用していれば
それだけで年数百万年の違いになる
ことは普通のことです

建設業、IT業、販売店、保健衛生業では
働き方も全く違うのです。

その業種ごとに様々な特例やその業種に合った制度を
労働基準法(及び通達)は設けています。

自社の業界に設けられている特例は
知っておいて欲しいと思います。

そもそも、なぜ法律で業種ごとに
特例を設けているのでしょうか?

その意味を考えてください。

法律を画一的に当てはめることが
難しいからです。

残業削減とは賃金規程や就業規則を少し変えたり
小手先のことで解決するものではありません。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事

絶対に知っておくべき業種別の法律(労働基準法)の特例

残業代対策  無料相談を実施中!詳細はこちら