就業規則とは何か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも就業規則とは何でしょうか?

就業規則とは会社と労働者全体の契約書です。
職場の規則、守るべきルールがありますよね。

それを契約書のレベルにまで高めたもの。

そうお考えください。

雇用契約書があるではないか?

そうお考えの方もいらっしゃるかと思います。

雇用契約書 労働者個人と会社の契約書
就業規則 労働者全体と会社の契約書

このように対比するとわかりやすいかもしれません。
あくまでもイメージです。

( わかりやすさを優先させているために、
多少厳密さにかける点はご了解ください )

しかし、就業規則とは法律の内容を書くものだと
思ってらっしゃる方がいます。

確かに、就業規則に記載しないといけないこと
が法律で定められています。

絶対的記載事項といわれるものです。

それは、確かに、年次有給休暇などのように
労働基準法に記載があるものもあります。

しかし、就業規則は 労働基準法を
書くものではありません。

御社の就業規則の1条~3条までに
次のような内容の条文がないかを
チェックしてみてください。

「この就業規則に記載のない事項については
労働基準法その他の法律による」

この条文がある就業規則は、
就業規則には法律を書くものではない
(契約の内容を書くものである)
ということをご理解していないで
作成された可能性があります。

考えてもみてください。

就業規則に記載があろうがなかろうが、
法律を守らなければならないのは当然です。

記載するのは契約の内容なのです。

就業規則に記載しなければならない事項
が漏れていてはいけないという理由から
記載しているのかもしれませんが、

そもそも就業規則に記載
しなければならない事項が
もれていて良いわけがありません。

もし、この条文がある場合には、
御社の就業規則が従業員の皆様との契約書
といえるものになっているかどうかを
チェックしてください。

単にこの条文を削除すればよい
というものではないと思います。

なお、就業規則に会社のルールを記載していますよね。

これは、どういうことでしょうか?

そうです。

そのルールも従業員が守らないといけない
契約の内容になっているということです。

最後に、労働基準法106条では、
就業規則のほか、労働基準法及びこれに基づく命令の要旨も
社員に周知しなければならないと定められています。

(第106条)法令等の周知義務
使用者は、この法律及びこれに基づく命令の要旨、就業規則、第十八条第二項、第二十四条第一項ただし書、第三十二条の二第一項、第三十二条の三、第三十二条の四第一項、第三十二条の五第一項、第三十四条第二項ただし書、第三十六条第一項、第三十七条第三項、第三十八条の二第二項、第三十八条の三第一項並びに第三十九条第四項、第六項及び第七項ただし書に規定する協定並びに第三十八条の四第一項及び第五項に規定する決議を、常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、又は備え付けること、書面を交付することその他の厚生労働省令で定める方法によつて、労働者に周知させなければならない。

このことから法律の内容を就業規則に書く会社が多い
のかもしれません。

しかし、そもそも就業規則とは何か?という視点は忘れないでください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

労務問題を根っこから解決するメールセミナー

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナーを購読する

コメント

コメントは停止中です。